ファインダー視野率ってなに?

ファインダー視野率

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

写真を撮っていて、

アナタ
アレ、ファインダーで見ている絵と撮った画像、なにか違和感が、、
アナタ
なんかちょっと写ってる範囲が違う・・・

っていう経験ありませんか?

一眼レフの特徴って、写真を撮るとき被写体をファインダーを覗いきながら撮れることですね。

だけど、ファインダーで覗いている範囲と、実際写真に写っている範囲に違い出るカメラがあるんです。

これは「ファインダー視野率」によるものです。

ファインダー視野率とは

ファインダー視野率とは、カメラのファインダーを覗いたときに見える範囲のことです。

例えば、ファインダー視野率が100%のカメラは、ファインダーから見えている範囲と同じ範囲が写真として保存されます。

入門機と言われているカメラは、だいたいファインダー倍率が95%です。

これは実際写真に写る範囲の95%が、ファインダーで見えているということです。

ファインダー視野率95%

ファインダー視野率95%

なので、ファインダーで見えている範囲よりも、少し広い範囲が写真データとして保存されます。

撮影した画像データ

ファインダーを覗いていて、写したくないものをギリギリで逃げていても、実際写真に収めたら写っていることがあります。

入門機はどうして95%なの?

どうして入門機のファインダー視野率が100%じゃないかというと、生産コストの問題です。

入門機はコストを安くするため「ペンタダハミラー」というのが使われています。

ペンタダハミラー」は、ミラーの組み合わせでできているため、生産コストを安く、本体の重量を軽くできるというメリットがあります。

ファインダー視野率が100%のカメラには、「ペンタプリズム」が採用されています。

ペンタプリズム」は、純度の高いガラスの塊を加工して作られたものです。

なので、高価になり、重量も重くなってしまいます。

その代わり、明るく、焦点を合わせやすいというメリットがあります。

ミラーレスの電子ファインダーは?

ミラーレス一眼の電子ビューファインダーは、ほとんどが視野率100%です。

ミラーレス一眼の電子ビューファインダーは、センサーに届いたデジタルデータを映像化して映し出しているからです。

つまり、ミラーレス一眼は、「電子ビューファインダーで見える画像」と「ライブビューで背面モニターに表示される画像」と「写真データ」は、全部同じです。

ファインダー視野率が95%でも、ライブビューで撮れば見た目通りに写る

ファインダー視野率が100%以下のカメラでも、ライブビューで撮影すれば、見た目通りに撮ることができます。

ライブビューで表示される画像は、実際に撮影される画像を液晶に表示しています。

完璧な構図を求める場合は、ライブビューで撮影してみるのもアリかもしれないですね!

最後に

ファインダー視野率が100%なら、それに越したことはないです。

しかし、個人的には視野率95%以上あれば、ぜんぜん十分だと思います!

ファインダーで見えてる範囲より、少し広い範囲写るんだなっと心の片隅で覚えておいてください^^

ここまで読んで下さってありがとうございます!

ファインダー視野率
 

5月27日(土)江戸東京たてもの園で写真の撮り方をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA