単焦点レンズの魅力・メリット!僕が単焦点レンズを使う理由

単焦点レンズ

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは!カメラマンのケイスケです。

僕は、50mmの単焦点レンズを持っています。
街を散策しながらスナップ写真を楽しみたいときは、必ずといっていいほど50mmの単焦点レンズを持って出かけます。

単焦点レンズが好きなんですw

この記事では、僕が単焦点レンズを使う理由「単焦点レンズの魅力・メリット」をお伝えしますね。
単焦点レンズの購入を検討されている場合、参考にして頂ければなと思います。

単焦点レンズとは

単焦点レンズとは、ズームがきかない焦点距離が1つだけのレンズのことをいいます。
例えば、僕が使っている単焦点50mmのレンズだと、50mmだけしか使うことができません。

24-105mmのズームレンズの場合、24mmでも撮れるし、105mmでも撮ることができます。

24mmから105mmの間ならどの焦点距離でも、撮影することができます。

単焦点レンズ

  • Canon EF50mm F1.8 II

ズームレンズ

  • Canon  EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM APS-C対応
  • Canon  EF24-105mm F4L IS USM

単焦点レンズの魅力・メリット

①軽い

レンズ構成

レンズ構成

軽い」ことが一番の理由かもしれませんw

レンズ本体の中には、収差と呼ばれる光のズレなどを補正するためガラスやプラスチックでレンズが何枚も入っています。

凸レンズや凹レンズが組み合わさって、多い場合だと20枚くらいのレンズが使われています。

単焦点レンズは、レンズの設計がシンプルなので、使われているレンズの枚数も少ないです。

ズームレンズでは、レンズの枚数が増えます。

使われているレンズの枚数が多い分、ズームレンズは重たく傾向がありますね。

3つのレンズの重量を比較してみますね。

  • EF50mm F1.8 II・・・130 g
  • EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM・・・205 g
  • EF24-105mm F4L IS USM・・・380 g

24-105は重たくて、オフの日に使おうとは思わないですw

②描写・ボケ味がキレイ

2番目の理由は「描写・ボケ味がキレイ」だからです。

最近は撮った写真をSNSに使う方も多いので、「描写力とか関係ないかな」っと思うかもしれないですけど、撮ってすぐカメラの背面モニターで確認するとやっぱり単焦点レンズの方がキレイです!

撮ってすぐ確認した写真が良いと、テンション上がって、次のモチベーションに繋がりますね!

③明るい・F値

単焦点レンズは、F値が小さく明るいレンズが多いです。
だから、室内や日が落ちて光りが少ないシーンでも撮りやすいです。

F値が明るいと、シャッタースピードを早くできるので撮りやすいです。

例えば、F4のズームレンズを使ってシャッタースピードが1/25だとします。
ちょっと気をつけないと写真がブレるかもしれないシャッタースピードですね。

同じシーンをF2で撮ると(2段違うので)、1/100で撮ることができます。
そこまでブレを気にせず撮ることができます。

④画角が予想できる

50mmの単焦点レンズを持って、街を散策しているしていると、

「あ、この風景を撮ったらこんな写真になるな!」っと撮る前に、絵が浮かんでくることがあります。

レンズの画角が決めっているので、イメージしやすいです!

(絵が浮かばずに、とりあえず撮るときもありますけどねw)

50mmの画角がわかると基準ができるので、「じゃあ35mmで撮ったら、これくらいかな」「70mmで撮ったら、画角これくらいかな」って応用が効くようになります。

⑤撮影にリズムがでる

街のスナップを楽しむとき、ズームレンズだと迷っちゃうんですよね。
(僕だけかもしれませんが)

出会った良い風景「せっかくだから精神」で、

KSK
50mmで撮ったら、どうかな?
24mmならどうだろう?
やっぱり105mmでアップかな?
いやいや、やっぱり50mmだろ

って一カ所で粘ってしまいますw
考えることは悪いことではないと思うんですけど、ひとつにこだわらずいろんな風景を見るのが、散策の楽しみでもありますからね。

歩きながらたくさんの風景を探したいです!

50mmの単焦点レンズを使った場合、画角が固定されているので、

KSK
遠くに見えるあの山を、アップで撮ったらキレイかな!

と頭に浮かんでも、

KSK
・・・ムリ!

ってなります。

そこが良い意味で諦めがついてる気がしますw

なので、一カ所で何枚かパシャパシャと撮ったら

KSK
次、いこ〜!

ってリズムがでます。

単焦点レンズのデメリット

メリットをお伝えしたので、デメリットもお伝えしようと思います。

  • ズームができない。
  • ピント合わせがシビア

やっぱりズームができないので、もどかしい気持ちになることはあります。

割り切るしかないんですけどね。

それと、ピント合わせは注意が必要です。

F値を小さくした場合、ピントが合う範囲が狭くなるので、ピント合わせがシビアになります。

最後に

単焦点レンズは、レンズ設計がシンプルなので、比較的安価なものが多いです。

もしすでにズームレンズを持っている方は、2本目のレンズとして単焦点レンズを使ってみるのもアリかもしれないですね!

ここまで読んで下さって、ありがとうございます。

単焦点レンズ
 

5月27日(土)江戸東京たてもの園で写真の撮り方をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA