Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方!画像加工ソフト

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こちらもオススメです!

こんにちは!カメラマンのケイスケ(Photo_0101)です!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、「Fotorオンライン版の使い方」についてお伝えさせて頂きました!

Fotorオンライン版の使い方!無料で多機能な画像加工ソフト

2017.09.07

今回の記事では、

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方」をお伝えしますね!

KSK
使い勝手は、Photoshopに近いです。

Pixlr Editorってなに?

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

Pixlr Editor」は、ブラウザ上で写真を加工・編集できるので、ウィンドウズでもMacでも使うことができます。

インストールする必要もなく、会員登録なしで使うことができます。

サイトはこちらです→https://pixlr.com/editor/

Pixlr Editorでできること

Pixlr Editorには、次のような機能があります。

  • トリミング・明るさ調整など基本的な画像調整
  • ブラシツールなどのイラスト
  • 1クリックで写真の雰囲気を変えれるフィルター加工
  • レイヤーを使って、画像合成
KSK
写真・画像に関することが一通りできます。

Pixlr Editor「アップロード→加工→保存」までの流れ

まずはじめに基本的な流れとして「アップロード→加工→保存」を一緒にやってみましょう!

今回は、「明るさ」を調整します。

サイトにアクセスすると、まずホップアップが表示されます。

上から2つ目の「コンピューターから画像を開く」をクリック。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

あなたのパソコン内に保存されている、写真を選択して、写真を開きます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

画面上部のメニューバーから「調整 > 明るさとコントラスト」を選択します。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

「明るさとコントラスト」のパネルが表示されるので、「明るさ」を右にスライドして、「OK」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

次にメニューバーの「ファイル > 保存」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

「画像を保存」のウィンドウが表示されます。

任意の「ファイル名」を入力して、「フォマーット」「クオリティ」を選択し、「OK」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

任意の場所に保存すれば、「アップロード→加工→保存」が完了です。

KSK
では、もう少し詳しくお伝えしていきますね。

Pixlr Editor画面の見方

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

次に「Pixlr Editor画面の見方」についてお伝えしていきますね。

まず全体を簡単に説明すると、画面上部に「メニューバー」、その下に「オプションバー」、画面左に「ツールパレット」、画面右に「パネル」があります。

メニューバー」には、「ファイル」「レイヤー」「フィルタ」などがあります。

オプションバー」は、ツールを選択した時、そのツールの細かい設定ができます。

ツールパレット」では、「切り抜き」や「ブラシ」「塗りつぶし」などのツールがあります。

パネル」には、「ナビゲーター」「レイヤーパネル」「履歴パネル」があります。

Pixlr Editorメニューバーで出来ること

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

「ファイル」「編集」「画像」

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

「レイヤー」「調整」「フィルター」

Pixlr Editorのメニューバーには次の10項目があります。

  • ファイル:「画像を開く」「保存」「印刷」など
  • 編集:「カット」「消去」「自由変形」など
  • 画像:「画像サイズ」「キャンパスを回転」「キャンパスを反転」など
  • レイヤー:「レイヤーを追加」「レイヤーマスクを追加」など
  • 調整:「明るさとコントラスト」「色調と彩度」「トーンカーブ」など
  • フィルター:「ぼかし」「ノイズ」「チルトシフト」など
  • ビュー:「ズームイン」「ズームアウト」「フルスクリーンモード」など
  • 言語
  • ヘルプ
  • フォント

Pixlr Editorツールパレットで出来ること

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

Pixlr Editorツールパレットには次の項目があります。

  • 切り抜きツール(C)
  • 移動ツール(V)
  • 選択ツール(M)
  • 投げ縄ツール(L)
  • 自動選択ツール(W)
  • ペンシルツール
  • ブラシツール(B)
  • 消しゴムツール(E)
  • ペイントバケツツール(G)
  • グラデーション
  • クローンスタンプ(S)
  • 色置き換え
  • 描画ツール
  • ぼかしツール(R)
  • シャープ化ツール(Y)
  • 指先ツール(U)
  • スポンジツール(P)
  • 覆い焼きツール(O)
  • 焼き込みツール(N)
  • 赤目低減
  • スポット修復
  • 膨張(A)
  • つまみ(K)
  • カラーピッカー(I)
  • タイプツール(T)
  • ハンド(H)
  • 拡張ツール(Z)
「カッコ()」の中のアルファベットは、ショートカットキーです。

例えばキーボードの「C」を押すと、「切り抜きツール」が選択されます。

全てを説明すると、長くなってしまうので、ここではよく使う(と思う)ツールをいくつかお伝えしますね。

切り抜きツール

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

切り抜き」ツールでは、クリック&ドロップで画像をトリミングすることができます。

切り抜く比率を固定したい場合は、オプションバーの「固定化」から「アスペクト比」選択して、比率を入力します。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

選択ツール

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

選択ツール」は、クリック&ドロップで四角い選択範囲を作ることができます。

例えば、この状態で、メニューバーの「調整 > 色調と彩度」で、彩度を上げれば、選択した範囲だけ彩度を上げることができます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方 Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

自動選択ツール

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

自動選択ツール」は、クリックするだけで選択範囲を自動で作成してくれます。

クリックした後に、キーボードの「shift」を押しながら、違う箇所をもう一度クリックすると、選択範囲を更に広げることができます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

この状態で、メニューバーの「調整>明るさコントラスト」で明るくすれば、選択した部分だけ明るくできます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方 Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

クローンスタンプツール

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

クローンスタンプツール」は、画面内の不要なものを消したい時に使います。

KSK
今回は「いちご」をひとつ消しました↑

使い方は、まず「コピー元」を選択する必要があるので、キーボードの「⌘(Ctrl)」を押しながら、コピー元をクリックします。

次に消したい部分をクリックすれば、不要な部分が消えます。

オプションバーで「スタンプの大きさ」を選択することができます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方
メニューバーの「編集」から「取り消す」を選ぶと、「ひとつ前の状態に戻す」ことができます。簡単に、元に戻すことができるので、ぜひいろんなツールを触ってみてください。

ショートカットは、Windows「Ctrl+Z」、Mac「⌘+Z」です。

Pixlr Editorで画像を合成する方法

では、次にPixlr Editorで、画像を合成する方法をお伝えしますね!

これまで使ってきた写真に、下記の写真を合成してみます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

合成したい画像を重ねる

まず、メニューバーの「ファイル」から「画像を開く」を選択して、写真をアップロードします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

写真が開くので、メニューバーの「編集 > 全てを選択」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

次に「編集 > コピー」を選択して、画像を「コピーします。

次に、貼り付けたい画像のウィンドウを選択した状態で「編集 > 貼り付け」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

 

「全てを選択」のショートカットキーは、Windows「Ctrl+A」、Mac「⌘+A」

「コピー」のショートカットキーは、Windows「Ctrl+C」、Mac「⌘+C」

「貼り付け」のショートカットキーは、Windows「Ctrl+V」、Mac「⌘+V」です。

 

画像の調整

移動ツール(V)で、画像を移動させます。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

自動選択ツール(W)で、不要な部分を選択。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

Delete」で削除します。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

少しぼかしたかったので、メニューバーの「フィルター > ガウシアンぼかし」を適応させました。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

レイヤーパレットの「不透明度」を「100→70」にして、少し透明にしました。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

画像のサイズ変更

ちょっと画像が大きいので、画像のサイズを少し小さくします。

メニューバーの「画像 > 画像サイズ」を選択します。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

すると「画像サイズ」のポップアップが表示されるので、任意の数字を入れ「OK」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

画像の保存

画像が完成したら、保存します。

メニューバーの「ファイル > 保存」を選択します。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

「名前」を入力して「フォーマット」「クオリティ」を選択して「OK」をクリックします。

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方

任意の場所に保存すれば、完了です。

まとめ

以上、「Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方」をお伝えしました。

使い勝手いいです!

今回は以上です。

ありがとうございます!

Pixlr Editor(ピクセラエディター)の使い方


料理撮影サービス



プロが伝授!カメラの教科書

「デジタル一眼に興味がある方」

「デジタル一眼レフデビューしたけどイマイチ使い方がわからない方」

「もっと上手になりたい方」へ

イラストや写真を使ってわかりやすく
「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」をお伝えしています。

(ココでしか入らない情報もある・・かも!?)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA