Photoshopで波線やギザギザ線を簡単に作る方法

Photoshop波線

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こちらもオススメです!

こんにちは!カメラマンのケイスケです。

今日は、Photoshop波線の作り方をお伝えします!

Adobe Photoshop CCです。

Photoshopで波線の作り方

①ラインツールで線を引く

ま図、ラインツールを使って一本の線を引きます。

Photoshop波線 Photoshop波線

②波形を適用する

フィルタ変形波形」を選択します。

Photoshop波線

フィルタ > 変形 > 波形

この表示が出たら「スマートオブジェクト変換」を選びます。

Photoshop波線

波形」パネルが表示されます。

Photoshop波線

種類は「正弦波」を選び。

波形」「波長」の最小、「振幅」の最小を「」に設定しておくとわかりやすいと思います。

Photoshop波線

波長

波長」の最大の数字を大きくすると、緩やかな波になります。

Photoshop波線 Photoshop波線

振幅

「振幅」の最大の数字を大きくすると、波の幅が広くなります。

Photoshop波線 Photoshop波線
KSK
個人的には、先に「振幅」で波の幅を設定してから、「波長」で波の緩やかさを決めた方がやりやすいです。
Photoshop波線

波の形をギザギザ波に変える

「種類」を「三角波」に設定すると、ギザギザした波になります。

Photoshop波線 Photoshop波線

まとめ

以上、Photoshop波線を作る方法をお伝えしました。

慣れれば1分くらいで、出来そうです!

ありがとうございます!

Photoshop波線


プロが伝授!カメラの教科書

「デジタル一眼に興味がある方」

「デジタル一眼レフデビューしたけどイマイチ使い方がわからない方」

「もっと上手になりたい方」へ

イラストや写真を使ってわかりやすく
「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」をお伝えしています。

(ココでしか入らない情報もある・・かも!?)


 

LINE@始めました!
写真好き、カメラ仲間が増えると嬉しいです!
よろしければお友達になってあげてください

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA