料理写真家 長谷川敬介

デジタル一眼の撮り方が体系的に学べます!

【Photoshop】ドロップシャドウで影をつけてみよう

 
  2017/12/29
 
スポンサードリンク


スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
料理の写真を専門にしているプロカメラマン。
ブログを始めて1年とちょっと。2018年3月に月間13万PV突破。
写真を通じて「人生を楽しんでもらいたい」モットーとし、カメラや写真に関するサービスを提供しています。2018年4月、人生で初めて”セミナー講師”をさせて頂きました!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケです。

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、Photoshopの「パッチツールの使い方」をお伝えせて頂きました!

さて今回は、ドロップシャドウについてご説明しますね。

Adobe PhotoShop CCです

Photoshopドロップシャドウとは

ドロップシャドウとは、オブジェクトや文字に影をつけることができるPhotoshopのツールです。

影の濃さや角度、長さなどの設定もできます。

レイヤースタイルのドロップシャドウの使い方

まず、簡単にドロップシャドウを適応させる流れをお伝えしますね!

ドロップシャドウ画面の開き方は2つあります。

  1. レイヤーパネル内の「レイヤースタイルを追加」から、ドロップシャドウを選ぶ
  2. 適応させたいレイヤーの右側をダブルクリック、表示された「レイヤースタイル」内のドロップシャドウを選択。

ドロップシャドウ開き方①

Photoshopドロップシャドウ

「レイヤースタイルを追加」をクリック

Photoshopドロップシャドウ

「ドロップシャドウ」を選択

ドロップシャドウ開き方②

Photoshopドロップシャドウ

Photoshopドロップシャドウ

「ドロップシャドウ」を選択

その状態で「OK」を押せば、ドロップシャドウが適応されます。

Photoshopドロップシャドウ

ドロップシャドウ


スポンサードリンク


ドロップシャドウ詳細

もう少しドロップシャドウの詳細を見ていきましょう。

描画モードと色

「描画モード」の項目から、いくつかの描画モードを選択することができます。

Photoshopドロップシャドウ_描画モード

描画モードの横にあるカラーパレットでは、ドロップシャドウの色を変えることもできます。

Photoshopドロップシャドウ_カラーピッカー

ドロップシャドウ_色

不透明度

シャドウの透過具合を設定します。数字を大きくするほど、影が透過しなくなります。

Photoshopドロップシャドウ_不透明度

ドロップシャドウ_不透明度

角度

ドロップシャドウの角度を変えることができます。

「包括光源の使用」にチェックを入れておくと、エフェクトかけた他のオブジェクトと統一されます。

Photoshopドロップシャドウ_角度

ドロップシャドウ_角度

距離

距離は、シャドウの長さを設定できます。

Photoshopドロップシャドウ_距離

ドロップシャドウ_距離

スプレッド

スプレッドで、シャドウのぼかし具合を設定できます。

数字を大きくすればするほど、境界線がハッキリします!

Photoshopドロップシャドウ_スプレッド

ドロップシャドウ_スプレッド

サイズ

サイズは、オブジェクトと比較してどれくらいの大きさにするのか設定することができます。

Photoshopドロップシャドウ_サイズ

ドロップシャドウ_サイズ

輪郭

輪郭では、影の輪郭部分を詳細に設定することができます。

Photoshopドロップシャドウ_輪郭

アンチエイリアスにチェックを入れると、影を滑らかにしてくれます。

ドロップシャドウ_輪郭

ノイズ

ノイズは、影にノイズを加えるすることができます。

Photoshopドロップシャドウ_ノイズ

ドロップシャドウ_ノイズ

まとめのGIF

Photoshopドロップシャドウ

まとめ

いかがだったでしょう?

オブジェクトに影をつけることで、浮き立たし目立たせることができます。

ぜひ、色々と試して見てください!

今回は以上です!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

↓ 次は文字を縁取りしてみよう ↓

この記事を書いている人 - WRITER -
料理の写真を専門にしているプロカメラマン。
ブログを始めて1年とちょっと。2018年3月に月間13万PV突破。
写真を通じて「人生を楽しんでもらいたい」モットーとし、カメラや写真に関するサービスを提供しています。2018年4月、人生で初めて”セミナー講師”をさせて頂きました!
詳しいプロフィールはこちら