【Photoshop】色域指定でパパッと選択範囲を作る方法

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こちらもオススメです!

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、Photoshopの「切り抜きツールで画像をトリミングする方法」をお伝えせて頂きました!

Photoshop「切り抜き」ツールで画像をトリミングする方法

2017.06.26

さて、

撮影した写真の一部分だけ、調整・加工したいことありますよね。

色域指定」を使うと、早く選択範囲を作ることができます!

Photoshop色域指定とは

Photoshopの色域指定とは、特定の色だけを選択し、選択範囲を作れるツールです。

同じような色を、選択するときに便利な機能です。

Photoshop色域指定の使い方

メニューバーの「選択範囲色域指定」を選択します。

Photoshop色域指定使い方

選択範囲 > 色域指定

そうすると、「色域指定」パネルが表示されます。

Photoshop色域指定の使い方2

「色域指定」パネル

「許容量」を左右にスライドさせると、選択範囲の調整ができます。

Photoshop色域指定の使い方

「色域指定」パネル

プラスのスポイトは、選択できる色域を増やすことができます。

マイナスのスポイトは、選択できる色域を減らします。

Photoshop色域指定の使い方

パネル内の下にある、「選択範囲のプレビュー」では、「なし」「グレースケール」「黒マット」「白マット」「クイックマスク」の5つから選ぶことができます。
見やすいのを選んでください。

今回は「黒マット」を選んでみます。

Photoshop色域指定の使い方

実際にやってみるとこうなります!

Photoshop色域指定の使い方 Photoshop色域指定の使い方

他にも、例えばこんな画像の「花」だけをパパッと調整したいときにも便利です。

Photoshop色域指定の使い方

↓ 色域指定

Photoshop色域指定の使い方

↓ 色変換

Photoshop色域指定の使い方 Photoshop色域指定の使い方
KSK
ザックリやったので、地面の土の色も変わってますw

まとめ

いかがだったでしょう?

色彩の差が大きくて境界線もハッキリしている画像だと、「色域指定」は早くて便利です!

選択範囲の作り方は色々あるので、「こういうのもあるんだな」っと覚えてい頂けると嬉しいです!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

↓ 次はパッチツールを使ってみよう ↓

Photoshopパッチツールの使い方!簡単にシワ消しで若返り!

2017.06.27


料理撮影サービス



プロが伝授!カメラの教科書

「デジタル一眼に興味がある方」

「デジタル一眼レフデビューしたけどイマイチ使い方がわからない方」

「もっと上手になりたい方」へ

イラストや写真を使ってわかりやすく
「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」をお伝えしています。

(ココでしか入らない情報もある・・かも!?)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA