測光とは?測光モードを使いこなす!評価測光・中央重点測光・スポット測光

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

僕たち人間の目はよくできていて、明るい景色でも暗い景色でも順応してくれますね。

だけど、カメラはすべての景色に対して、上手いこと明るさを調整してくれるわけではないんです。

カメラに指示してあげないと、光の調整をしてくれませんね。

光の調整を助けてくれるカメラの機能のひとつが「測光モード」です!

以下もう少し詳しく説明していきますね。

測光(そっこう)ってなに?

測光とは、光の量を測ることです。

今見えている光が、どれくらいの量がどれくらいなのか測ることを言います。

測光モードってなに?

写真が適正露出になるように、カメラには露出を測るシステムがあります。

露出を測るって言っても、見ている景色の中には、明るい部分もあれば暗い部分もありますよね。

どこをどんな方法で測光するかで、光の量の捉え方が変わります。
どこをどんな方法で測光するか」を決めるのが、測光モードです。

呼び方は各メーカーいろいろですが、主に3つの「測光モード」があります。

  • マルチ測光(分割測光、評価測光、多分割測光)
  • 中央重点測光・中央部重点(平均)測光
  • スポット測光

評価測光(マルチ測光、評価測光、多分割測光)とは

01-1

画面の広い領域を測光します。

通常はこの測光方式で大丈夫です。

画面を上下左右いくつかのブロックに分けてそれぞれで明るさの程度を測ります。

画面の明るい部分から暗い部分までを細分化して、各部ごとの明るさを測り、さらに撮りたいものまでの距離や色を加味して露出を決定する方式です。

一般的に最も利用されることが多い測光方式です。

評価測光(分割測光、マルチ測光、多分割測光)のポイント

  • 失敗が少なくバランスのいい露出で撮ることができます。
  • 普段の撮影ではこのモードにしておけば大丈夫です。
  • 逆光などコントラストが高い状況は苦手
測光モード_マルチ測光

測光モード_マルチ測光

中央重点測光・中央部重点(平均)測光とは

03-1

その名の通り、画面の中央部分を重点的に測光します。

画面中央に重点的な比重を置き、画面中央をピークに、周辺にいくほど露出計の敏感度が下がります。

画面の真ん中に撮りたいものを置いた構図向きです。

シンプルなだけに、ベテランに好まれる傾向があります。

中央重点測光・中央部重点(平均)測光のポイント

  • 明確に主役が決まっている撮影には向いています。
  • 逆光など被写体周辺に強い光がある撮影に有効です。
  • 被写体が小さい場合、適正な露出を出してくれない場合があります。
測光モード_中央重点測光

測光モード_中央重点測光

スポット測光とは

02-1

画面の中央の1点のみから露出の値を出す方式です。

画面のごく一部のみの明るさを測り、周りの明るさは反映されません。

明暗差が大きい状況で使うと有効です!

スポット測光ポイント

  • 逆光や明暗差の激しいシーンで撮影したいときに有効です。
  • 普段使いには向きません。
測光モード_スポット測光

測光モード_スポット測光

測光モードの変え方(キャノン6D)

測光モードの変え方は、2ステップです!

  1. 測光モードボタンを押す
  2. ダイヤルを回す
測光モードの変え方

測光モードの変え方

まとめとオススメ

評価測光は、多くのシーンで対応できますね!

初心者の方は、とりあえず評価測光にしておくのも良いと思います!

個人的には、なぜか中央重点測光・中央部重点(平均)測光が使いやすいです!

最後まで読んでくださってありがとうございます^^

 

5月27日(土)江戸東京たてもの園で写真の撮り方をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA