カメラの絞りとシャッタースピードが手軽に学べる「Photography mapped」がスゴい!!

撮り方の説明画像

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

一眼レフ初心者の方」「これから一眼レフをはじめようかなと思っている方」が一番悩むところは、

  • 絞り(F値)
  • シャッタースピード

だと思います。

これらついて、自分で調整しながら感覚的に理解できるサイトを見つけたのでお伝えしますね。
あと「ISO感度」のこともわかりますよ!

絞りとシャッタースピードが手軽に学べる「Photography-mapped」

photography-mapped

photography-mapped

サイトはコチラ⇒http://photography-mapped.com/interact.html

このサイトは「ヘリコプターを一眼レフで撮影してみましょう」っというものです。

 

「絞り」や「シャッタースピード」など、いろいろ自分で調整することができます。

例えば、「絞り」を調整すると、背景のビル群の見え方が変わります。

シャッタースピード」を変えると、動いているプロペラの動きを止めて写すこともできるし、ブラして写すことも出来ます。

手軽に色々調整できるので「絞り」「シャッター速度」「ISO感度」の関係が掴みやすいかと思います。

Googleクローム以外のブラウザで見ると、英語表示のままなので、少し使い方を解説していきますね!

ページを下にスクロールするとこんな画面が見えてきます!

photography-mapped

photography-mapped

基本的な使い方は、それぞれの項目の赤い丸を左右に動かして調整し、
TAKE PHOTO」を押すと写真が撮れます。

使い方

それぞれの項目についてちょっと解説していきます。

①Light(環境)

赤い丸を左右に動かすと、「夜」や「昼間」「夕方」など撮影する環境を選ぶことができます!
例えば、初期の状態だと「Street at night(夜の通り)

環境

赤い丸を左に動かすと「Full moon only(満月のみ)

Full moon only

逆に右に動かすと「Hazy sun(曇った太陽)」になります。

Hazy sun

②Aperture(絞り=F値)

「Aperture」はカメラの絞り(=F値)」のことです。

下の絵と連動していて、絞りを浅く「F2.8」にすると、「ビルがボケますよ」と教えてくれます。

絞り(F値)

逆に絞りを深く「F22」まで絞ると、「ビルまでピントが合いますよ」と教えてくれます。

F22

③Shutter(シャッタースピード)

「Shutter」は「シャッタースピード」のことです。これも下の絵と連動しています。
例えばシャッタースピードを遅く「1/4」にすると「プロペラがブレますよ」と。

シャッター速度

逆にシャッタースピードを速く「1/2000」にすると「プロペラが止まって写りますよ」ってことになります。

シャッター速度1/2000

④Sensor(ISO感度)

「Sensor」は「ISO感度」のことです。
初期設定は「ISO1600」になっているので、少しノイズがでますね。

ISO感度1600

ISO100」にするとノイズはなくなります

ISO感度100

ISO12800」にすると「ISO1600」の時よりノイズが増えます。

ISO感度

⑤Exposure

露出(明るさ)のことです。

  • Aperture(絞り)
  • Shutter(シャッタースピード)
  • Sensor(ISO感度)

を調整した結果、どれくらいの露出(明るさ)になるのかがわります。

「絞り」「シャッター速度」「ISO感度」の関係が掴みやすいサイトだと思うで、ぜひぜひ使ってみてください!

今回は以上です!
少しでもお役に立ったら「いいね!」「シェア」などしてもらえると嬉しいです^^

>>こちらもオススメです!

出来たてを演出!! 湯気素材のPhotoshop合成方法

2017.01.24
撮り方の説明画像
 

5月27日(土)江戸東京たてもの園で写真の撮り方をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA