光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の違い

ovf_evf

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、カメラの保存形式「JPEGの圧縮率」についてお伝えさせて頂きました!

JPEG画像の圧縮率ってなに?どれを選べばいいの?

2017.05.18

さて、

OVF EVFってなに?
どっちの方がいいの?

っと悩んでいませんか?

この記事では、2つを比較しながらお伝えしていきますね!

カメラのファインダーとは

ファインダーの写真

ファインダーとは、写真を写す画面を確認できる小さな窓のことです。

最近のデジタルカメラは、カメラ背面の液晶画面で確認(ライブビュー)できるので、ファインダーが省略されている機種も増えていきていますね。

晴天の屋外では、液晶画面を見づらいときがありますが、そんなときファインダーがあると便利です。

また、ファインダーをのぞきながら写真を撮ると、自然とカメラがブレにくい姿勢で写真を撮ることができます。

液晶画面のライブビューで被写体を見ていると、脇の下が空いてしまう姿勢になってしまうためブレやすい撮り方になってしまいます。

カメラのファインダーには大きく分けると2種類あります。

  • 光学ファインダー(OVF)
  • 電子ビューファインダー(EVF)

光学ファインダー(OVF)とは

光学ファインダー(OVF)とは、レンズに入ってきた光をミラーで反射してペンタダハミラーやプリズムを通り、ファインダーで確認します。

OVFは、「Optical View Finder」の頭文字を取ったものです。

デジタル一眼レフは、光学ファインダーです。

光学ファインダーは、「レンジファインダー」と「レフレックスミラー」の2種類がありますが、今回は「レフレックスミラー」についてお伝えしています

電子ファインダー(EVF)とは

電子ファインダーとは、レンズから入ってきた光の情報を撮像素子(センサー)で受光し、ファインダー用の小型モニターで見るファインダーです。

EVFは、「Electronic View Finder」の頭文字を取ったものです。

デジタル一眼レフは光学ファインダー、ミラーレスは電子ファインダー

一眼レフの「レフ」というのは、ミラーのことです。
その「ミラーがない一眼カメラ」のことを「ミラーレス一眼」と呼びます。

デジタル一眼レフは、基本的に光学ファインダーです。

ミラーレスは、電子ファインダーです。

デジタル一眼レフとミラーレスの違い

ここで少し、デジタル一眼レフとミラーレスカメラの違いもお伝えしておきますね。

さきほどお伝えしたとおり、デジタル一眼レフとミラーレスカメラの大きな違いは、「ミラーがあるかないか」です。

デジタル一眼レフとは

デジタル一眼レフの中には、像を反射するための「ミラー」と「ファインダー」が搭載されています。

ミラーで反射し、プリズムを通った像をファインダーで確認することができます。

プリズムは、重たく高価なので、カメラ自体も重たくなります。

入門機のカメラにはプリズムの代わりに、プリズムよりも安価なペンタダハミラーが使われているカメラもあります。

安価に作ることができますが、視野率が95〜98%になってしまいます。

ファインダー視野率ってなに?

2017.04.27

ミラーレス一眼とは

ミラーレス一眼ミラーがないデジタルカメラです。

ミラーがあるデジタル一眼レフは、写真を撮影する瞬間、ミラーをあげる必要があります。

ミラーレス一眼はミラーをあげる作業がないので、高速連写が可能になります。

一眼レフとミラーレスどっちがオススメ?比較でわかる!

2016.11.25

光学ファインダー(OVF)はリアルタイム

さて、ここからは光学ファインダーのメリット・デメリットをお伝えしていきますね。

デジタル一眼レフに搭載されている「光学ファインダー」の一番のメリットは、リアルタイムに被写体を見れることです。

なので、動く被写体(人や電車など)を撮る場合、光学ファインダーの方が有利です。

光学ファインダー(OVF)のメリット

  • リアルタイムで被写体を捉えることができる(タイムラグが発生しない)
  • 電気回路を使わないため電力を消費しない
  • 電源を入れなくても構図が確認できる

光学ファインダー(OVF)のデメリット

  • 大きく重たくなり、故障の原因も増える
  • 写真を撮る瞬間ミラーがはね上がるため、画像が一瞬見えなくなる
  • すべてがファインダー視野率が100%ではない
  • 撮影後でないと、露出補正の結果を確認できない

電子ファインダー(EVF)は設定をファインダーで確認できる

次に電子ファインダーについてお伝えしますね。

電子ファインダーは、カメラの背面にある液晶画面と同じ、デジタルデータをファインダーで見ることができます。

そのため、写真の露出やホワイトバランスなどの設定をファインダーで確認することができます。

また、屋外で液晶画面が見づらいシーンでも、電子ファインダーなら見やすいというメリットもあります。

しかし、デジタルデータをファインダーに写しているため、画像処理に時間がかかります。

最近は、このタイムラグかなり少なくなり、「コンマ何秒」の世界ですが、若干の遅延があります。

メリット・デメリットをまとめました!

電子ファインダー(EVF)のメリット

  • ほとんどが視野率100%
  • 高倍率ズームできるためマニュアルピント調整の時に役立つ
  • 仕上がりの状態を確認しながら写真を撮ることができる
  • ファインダー内に見える情報を増やすことができる
  • ミラー、ペンタプリズムが必要ないので、カメラ本体を軽量化できる

電子ファインダー(EVF)のデメリット

  • ファインダーの画質に見やすさが左右される
  • 短時間だけど、画像処理に時間がかかるため若干遅延する
  • 電力を消費する
  • 電源を入れないと見れない
  • 人によってはかなり目が疲れる

最後に

カメラ選びって難しいですねw

人によって判断基準はさまざまです。

光学ファインダー(OVF)」「電子ファインダー(EVF)」どちらもメリット・デメリットがあります。

女性の方で「カメラは出来るだけ軽い方がいい」と思われている方は、ミラーレス一眼。

男性で「昔ながらの一眼レフらしいカメラが良い」「目が疲れるのはちょっと・・」と思われる方は、デジタル一眼レフなのかなと思います。

っていう考え方もあります。参考までに。

ここまで読んでくださってありがとうございます!

↓ 35mm換算を知ろう!次の記事はこちら ↓

35mm換算とは?APS-Cとマイクロフォーサーズの換算表(計算表)

2017.05.01

▼3年後も繁盛するお店にするために▼
↓↓↓

ovf_evf


プロが伝授!カメラの教科書




「デジタル一眼に興味がある方」

「デジタル一眼レフデビューしたけどイマイチ使い方がわからない方」

「もっと上手になりたい方」へ

イラストや写真を使ってわかりやすく
「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」をお伝えしています。

(ココでしか入らない情報もある・・かも!?)