レンズ表記の見方!料理写真撮影の基本【レンズ編】

レンズ表記

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

レンズの購入を検討中、もしくはレンズを購入してみたけど、

友達
レンズのアルファベットや数字の見方がわからない
友達
なんとなく使えてるけどもう少し詳しく知りたい

っと悩んでいませんか?

この記事では、レンズの見方について解説しています。

では早速いきましょ〜!

CANONレンズ各部名称

KSK
今回の記事は、学校の勉強でいうところの”暗記モノ”に近いですw
canon%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%991

NIKONレンズ各部名称

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99
KSK
今、もしお手元にレンズがあるなら、実物を見ながら確認したほうが理解が早いですよ^^

①フィルター径とは

レンズの前に取り付けるフィルターやキャップの直径を表す数値です。
単位はミリです。フィルター購入時にはこちらの数値と同じものを購入しましょう。

②フォーカスリングとは

マニュアルフォーカスでピントを合わせるときに、このリングを回します。
オートフォーカス使用時は、基本的には使いません。

③ズームリングとは

リングを左右に回すと、広角、望遠などズームを変えることができます。
製品によって回転する方向が、違います。
(CANONとNIKONでは、回す方向が逆です)
単焦点レンズには、このリングはありません。

④焦点距離とは

望遠や広角など、写る範囲を示す値です。
この数値の幅が広いほど、広角から望遠までカバーできる範囲が広くなります。

⑤フォーカスモードスイッチとは

オートフォーカス(A)とマニュアルフォーカス(M)の切換えを行うスイッチです。
通常は、オートフォーカス(A)で使用します。

⑥手ブレ補正スイッチとは

手ブレ補正機能を切り替えるスイッチです。
カメラ内手ぶれ防止機能がついているレンズには搭載されているスイッチです。

⑦信号接点

カメラと電気信号のやりとりを行う部分です。
オートフォーカスなどはここの電気が通ることで作動します。
とてもデリケートな部分です。

⑧マウントとは

カメラに取り付ける座金部のことです。
メーカーごとに規格が異なります。最近では軽量化やコストダウンから、プラスチックでできている製品が多いです。

⑨レンズ着脱指標とは

カメラボディにあるマークにあるマークとこのマークを同じ位置に合わせて装着します。
メーカーによって着脱時の回転する方向が違うので注意が必要です。

CANONレンズの各部名称(2)

c3

①EF-Sとは

デジタル専用レンズの意味です。

②焦点距離とは

広角や望遠などを示す数値です。数値が小さいほど「広角」で、数値が大きいほど「望遠」になります。撮像素子のサイズによって、写る範囲が変わります。

③開放絞り値(F値)とは

レンズの絞りを開放にしたときの、絞り値(F値)を示します。
数値が小さいほど、レンズにたくさん光を通すことができるので「明るいレンズ」と呼びます。
このレンズは広角側で開放F3.5、望遠側で開放F5.6となります。

④手ぶれ補正レンズ

「手ブレ補正機構」を搭載するレンズに付けられます。
ニコンでは「VR」、タムロンでは「VC」、シグマでは「OS」と表記します。

⑤USMとは

ウルトラ・ソニック・モータ(超音波モータ)の頭文字です。
超音波でフォーカスリングを回し,ピントを合わせるキヤノン独自のAF(オートフォーカス)技術です。
合焦速度の速さと精度には定評があります。

NIKONレンズの各部名称(2)

nikon%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%99

手ぶれ補正レンズ

「手ブレ補正機構」を搭載するレンズに付けられます。
キャノンでは「IS」と表記します。

②APS-Cサイズ専用のレンズ

DXフォーマット(APS=Cサイズ)専用レンズに付けられた名称です。
デジタル専用レンズであることを示すニコン独自の表記です。

③AF-S

AF駆動用の超音波モーターを内蔵したレンズ。
オートフォカス(AF)の駆動に、超音波モーターが採用されていることを示します。
ニコン独自のもので、キャノンでは「USM」といいます。

④ニコンマウントのレンズ

ニコン純正レンズの総称です。

⑤焦点距離とは

広角や望遠などを示す数値です。
数値が小さいほど「広角」で、数値が大きいほど「望遠」になります。
撮像素子のサイズによって、写る範囲が変わります。

⑥開放絞り値(F値)とは

レンズの絞りを開放にしたときの、絞り値(F値)を示します。
数値が小さいほど、レンズにたくさん光を通すことができるので「明るいレンズ」と呼びます。
このレンズは広角側で開放F3.5、望遠側で開放F5.6となります。

⑦Gタイプレンズとは

ニコンのレンズ特有のもので、絞りリンングのないタイプの製品であることを示します。

 

最後まで、読んで頂きありがとうございます!
お役に立ちましたら、いいね!シェアを押して頂けると嬉しいです^^

レンズ表記
 

5月27日(土)江戸東京たてもの園で写真の撮り方をお伝えします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA