こんにちは!カメラマンのケイスケです。

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、カメラの機能のひとつ「オートブラケット」についてお伝えさせて頂きました!

オートブラケットとは?ブラケットの撮影方法

2017.05.16

さて、

この記事では「イメージサークル」についてお伝えしますね!

唐突ですが、

名前
レンズの焦点距離、APS-Cサイズのカメラを使ってるから、35mm換算で1.5倍で・・

ってよく聞きますね。そこで、

名前
どうして撮像素子(センサー)が小さいと焦点距離が伸びるんだろう?

って疑問に思ったことありませんか?

イメージサークルがわかると、この理由がわかります!

また「APS-C専用レンズ」ってどうして”専用”なのかもわかります!

では早速いきますね!

イメージサークルとは

イメージサークル

イメージサークルとは、レンズが鮮明な像を結ぶ円の直径のことをいいます!

私たちが見ている写真は、「四角い形」をしています。

しかし、実際にレンズが写している範囲は、「丸い形」をしています。

この「丸い形」のことをイメージサークルと言います。

写真に保存される範囲

イメージサークル

この「丸い形」をしているイメージサークルの範囲内に、撮像素子(センサー)があります。

イメージサークルに映し出された画像が、撮像素子(センサー)で保存されている仕組みになっています。

撮像素子は、様々な大きさのがあります。

一般的に、デジタル一眼に使われているのは、「フルサイズ」と「APS-C」です。

レンズを通った画像は、本来上下左右が逆さまになるのですが、わかりやすくするため反転せずにお伝えします!

フルサイズの撮像素子(センサー)

フルサイズの撮像素子

フルサイズの撮像素子

フルサイズの撮像素子(センサー)の大きさは、36×24mmです。

イメージサークルに映し出されている画像を、このサイズで切り取り、保存しています。

APS-Cの撮像素子(センサー)

APS-Cの撮像素子

APS-Cの撮像素子

フルサイズより一回り小さいのがAPS-Cサイズです。

APS-Cサイズの撮像素子(センサー)の大きさは、約23×15mmです。

焦点距離が1.5倍になる理由

フルサイズと撮像素子

同じレンズを使って、フルサイズとAPS-Cで撮り比べてみると、APS-Cの写真の方がアップに写ります。

これは言い方を変えると、APS-Cの方が写ってる範囲(画角)が狭くなっているというです。

「焦点距離は、35mm換算で考えると、1.5倍だから◯◯mmになる」っというのは、本来は、

焦点距離1,5倍の画角になる!

っと言ったほうが正しいです!

約36×24mmを1,5で割ると約23×15mm

フルサイズ対応レンズとAPS-C専用レンズ

イメージサークルの違い

大きなイメージサークルを作るためには、大きなレンズが必要になります。

その分、重力も重く、高価になります。

これがフルサイズ対応レンズです。

フルサイズ対応レンズは、イメージサークルが大きいので、APS-Cセンサーのカメラにも使うことができます!

APS-C専用レンズとは

APS-C専用レンズとは

APS-Cサイズの撮像素子には、フルサイズほど大きいイメージサークルは必要ありませんね。

APC-Cサイズが撮像素子より、少し大きければ大丈夫なハズです!

このようにAPS-Cサイズの撮像素子に合わせたイメージサークルを作るレンズのことを「APS-専用レンズ」と言います。

イメージサークルが小さいので、レンズも小さく、軽く、安価で作ることができます。

イメージサークルが小さいので、APS-C専用レンズをフルサイズのカメラで使うことはできません。

最後に

イメージサークル」という言葉自体、あまり馴染みがないと想いますが、いかがだったでしょう?

(イメージサークルがわからなくても写真は撮れるので、問題ないですw)

撮像素子の大きさは、写真の「ボケ味」にも関係してくるのですが、それはまたの機会にw

ここまで読んでくださってありがとうございます!

↓ ファインダーの違いも知っておこう! ↓

光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の違い

2017.05.19

出張料理撮影】

集客に繋がる写真にこだわります。

たった一度の撮影で、全ての販促に使える武器が手に入る!

●集客アップ
●売上アップ
●ブランディングアップ

→結果的に経費削減に

無料でカメラの選び方・撮り方のノウハウをプレゼント


写真歴10年、今まで数え切れないくらいの枚数を撮ってきた経験を元に、カメラの選び方・使い方を無料E-bookでお渡ししています。

イラストや写真を使って、初心者にもわかりやすような構成になっています。

今なら、メルマガ登録してくれた方全員に無料でプレゼントしています。