失敗しないカメラの三脚の選び方!

ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市出身。東京都杉並区在住。カメラと散歩と読書とあんぱんが好きです!⇒詳しいプロフィールはコチラ

こちらもオススメです!

カメラライフ楽しんでいますか?カメラマンのケイスケです!

三脚選び悩みますよね。

僕も三脚を選ぶときは悩みました。

ヨドバシカメラにいって

KSK
どの三脚がいいですかね?

って相談したとき、

店員さん
良い三脚、悪い三脚っていうのはなくて、どれが適切なのかで選んでください

って言われました。

僕として「最近のオススメはこちらです」とサクっと決めたかったので、少し残念な気持ちになりましたが、三脚を使い続けて数年経った今なら、その店員さんの気持ちがわかります。

良い三脚、悪い三脚っていうのはないので、どれが合っているか」が大事ですw

ではどんな三脚があなたに合っているか一緒に考えていきしょう^^

まず「なぜ三脚が必要なのか」目的をハッキリさせておく

香港バス

曖昧に「三脚あった方がいいかな〜」で考えると、あなたに合った三脚を見つけるのが難しいです。

また例え購入したとしても、再び購入することになってしてしまうかもしれません。

また撮影をする時、三脚に頼らずいい写真が撮れるなら、それに越したことないです。

持ち運ぶ物は少ないほうがいいですし、三脚を使えば、機動性や速攻性は失われてしまいます。

しかし、三脚を利用するからこそ、納得のいく撮影がしやすくなる場面も多くあります。

まず、あなたがなぜ三脚を必要としているのか、三脚を使う「理由を明確にしておくことが大切です。

おおまか下記に分かられると思います。

夜景などスローシャッターでもブレずに撮りたい

夜はどうしても光量が少なくなってしまうので、シャッタースピードが遅くなり写真がズレやすくなってしまいますね。

スローシャッターでもブレない写真を撮るためには、三脚が必要ですね。

超望遠レンズを使う

超望遠レンズを使う場合も考えられますね。

超望遠レンズがブレやすいのはもちろん、超望遠レンズを手持ちで撮影し続けるのは疲れますw

固定した構図で撮りたい

商品写真、料理写真など、しっかり構図を決めて撮りたいときにも三脚は有効ですね。

手持ちでの撮影は、被写体そのものに意識が集中しすぎてしまうことがあります。

主役以外のものが見えなくなる」ということでもあります。

三脚を使うことで、主役以外のものにも気を配り、写真全体としての完成度を高くすることができます。

また風景や鉄道を撮るときなど、構図を決めてあと、タイミングを待って撮影するっていうときも三脚があると便利ですね。

マクロで撮りたい

花をクローズアップで撮りときマクロレンズを使うかと思います。

かなり高倍率でアップしているので、ブレに注意が必要な三脚ですね。

三脚のメーカー

三脚は初めて聞くメーカーがあって戸惑いますよね。

ここでは主要メーカーについてご紹介します。

ベルボン(Velbon)

1955年に創業した日本を代表する三脚メーカーです。

プロ用からコンパクト向けまで豊富に取り扱っています。

スリック(Slik)

1956年に創業した三脚メーカー。ベルボン(Velbon)と並んで日本の三脚メーカーでは有名です。

商品は、低価格で手頃なものから、大型まで豊富に取り扱っています。

マンフロット(Manfrotto)

イタリアの三脚メーカーです。デザイン性に優れています。

三脚だけではなく、ビデオ用やスタジオ機材も扱っているメーカーです。

写真業界初の3ウェイギア付き雲台などのシステムを作り出すなど、業界の大御所です!

ジッツオ(Gitzo)

歴史あるメーカーです。

他のメーカーと比較すると高価ですが、プロやハイアマチュアから人気があります。

HUSKY(ハスキー)

こちらもプロやハイアマチュアから人気です。

広告スタジオの現場でも使われています。

売れ筋メーカー

価格.comの売れ筋(2017/5現在)を見ると「ベルボン」「マンフロット」「スリック」が売れ筋トップ3ですね。

どのメーカーの三脚を選ぶか悩んでいる方は、この3つに絞るのもアリかもしれないですね!

三脚の各部名称と特徴

三脚各部名称

三脚各部名称

では、ここから三脚の各部名称と特徴をお伝えしていきますね。

雲台

カメラを載せる部分です。

三脚だけあれば、使えるわけではなく、この雲台が必要です。

三脚と雲台が分割になっているタイプと、一体型のタイプがあります。

センターポール(エレベーター)

センターポールは、上下して構図の調整のために使います。

高さをいっぱいまで伸ばしてしまうと、安定感がなくなってしまうので注意が必要です。

脚ロック

三脚の脚を伸縮したとき、固定する部分です。

脚ロックの種類は「ナット式」と「レバー式」の2種類があります。

ナット式

ナット式は、ナットの部分をひねることでロックを開閉します。

構造上故障が少ないです。

レバー式

レバー式は、ワンタッチで固定することができます。

ワンタッチなので早く固定することができます。
(僕は、せっかちなのでレバー式を使っていますw)

段数

三脚の脚を伸ばせる段階のことです。
2段、3段、4段などがあります。

段数が少ない三脚のメリットは、ロックする場所が少ない分、セッティングがスピーディーに行えます。

段数が多い三脚のメリットは、伸張を短くすることができるので、コンパクトにできて持ち運びが便利です。

また段数が多いと、最下段の脚は細くなります。
その分、安定感はなくなってしまうので、安定感を求めるなら段数が少ないほうがいいかもしれないですね。

三脚の種類・大きさ

三脚はいろんな大きさがありますね。

ここでは大きさを3つに分けました。

小型三脚・卓上三脚(1m未満)

コンパクトなので、かさばらず旅行などに持っていくと便利ですね。

コンパクトカメラや軽量の一眼レフに適しています。

脚が短い分、被写体に寄りやすいというメリットもあります。

中型三脚(1m〜1m70cm)

多くの方がこの中型三脚を使っているかと思います。

200mmの望遠レンズをつけた撮影でも大丈夫なタイプが多いです。

運動会や風景写真など幅広く対応できますね。

値段は数千円から買うことができますが、ちょっと作りはチープです。

1万円前後だとしっかりした三脚が買えます。

大型三脚(1m70〜)

重量ある中判・大判カメラでの撮影に向いています。

大きく重たいので、安定感があります。

超望遠レンズを使うときなどあると便利ですね。

値段は高価です。

三脚選びの3つのポイント

ここまで三脚の種類をお伝えしてきました。

おおまか絞れてきましたかね?

ここからは、カメラの三脚を選ぶときのポイントについてお伝えしますね!

高さ(最低・全高)

最短・最長の三脚の高さをみておきましょう。

三脚の最短とは、三脚を使ったときの「一番低いアングル」です。

三脚には、通常よりも脚を広げ、かなり低い位置に構えることができる三脚もあるので確認しておきましょう。

また最長も大切です。
三脚の脚とエレベーターを最大まで延ばし状態を見ておきます。

こうして「一番低いアングル」と「一番高いアングル」を知っておくといいです。

また、最初の一本目は、家電量販店で実際に三脚を広げてみたり触ってみることをおすすめします。

実際の重さや使い勝手は、やっぱり実物を触るのが一番です!

耐荷重

耐荷重とは、三脚や雲台が支えられる機材(カメラ)の重量です。

耐荷重は商品説明欄に記載されています。
もし記載が見つけられないときは、店員さんに確認しましょう。

現状のカメラの重量を調べてから購入するといいですね!

また今後、望遠レンズを買い足す可能性を考慮して、耐荷重は余裕をもって選びましょう。

持ち運びやすさ・重さ

三脚は基本的にかさばります。

なので持ち運ぶときの大きさ、重さは重要です。

重たすぎると持ち運びが大変になってしまいますね。
しかし軽量すぎると安定感がなくなります。

最後に

冒頭でもお伝えしたように、使うシーンを出来るだけ明確に考えおくことが大切です。

例えば、工場の夜景の写真を考えている場合、軽さで三脚を選んでしまうと後悔するかもしれません。
海辺の強風に負けて写真がブレてしまう恐れがあるからです。

また三脚は安価なものなら数千円からありますが、「安い」だけの理由で三脚は買わない方がいいです。

三脚は本当に長く使うんです。
使い方次第では、カメラよりも長持ちします。

なので、三脚はかなりハードな撮影にも耐えうる程度の良質なものを購入されることをオススメします。

ここまで読んでくださってありがとうございます!

↓ 雲台もいろんな種類があります!次の記事はこちら ↓

あなたにピッタリの雲台はどれ?雲台の種類と選び方

2017.05.06


プロが伝授!カメラの教科書

「デジタル一眼に興味がある方」

「デジタル一眼レフデビューしたけどイマイチ使い方がわからない方」

「もっと上手になりたい方」へ

イラストや写真を使ってわかりやすく
「カメラの基礎知識・使い方・上手になる方法」をお伝えしています。

(ココでしか入らない情報もある・・かも!?)


 

LINE@始めました!
写真好き、カメラ仲間が増えると嬉しいです!
よろしければお友達になってあげてください

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA