料理写真家 長谷川敬介

デジタル一眼の撮り方が体系的に学べます!

EV値ってなに?計算方法などEV表で説明するよ

 
  2018/05/30
 
ev値
スポンサードリンク


スポンサードリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
料理の写真を専門にしているプロカメラマン。
ブログを始めて1年とちょっと。2018年3月に月間13万PV突破。
写真を通じて「人生を楽しんでもらいたい」モットーとし、カメラや写真に関するサービスを提供しています。2018年4月、人生で初めて”セミナー講師”をさせて頂きました!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケです

前回の記事では、「スポット測光」についてお伝えさせて頂きました!

さて、

この記事では「EV値」についてお伝えしますね!

このEV値は、フィルム時代からの言葉です。

ではお伝えしていきますね!

EV値とは

フィルム時代、フィルムの箱の裏にこんな表記がされていました。

EV=12:曇り日陰
EV=13:明るい曇り
EV=14:晴れ
EV=15:快晴
EV=16:快晴時の海・山・雪景色

EV値とは「Exposure Value」の頭文字で、直訳すると「露出値」という意味です。

つまり、露出・明るさを表す数値のことですね。

この数字を元に、カメラを設定を変えて写真を撮っていました!

昔は、露出計がないカメラがあったんです!

KSK

同じ明るさでも、「絞り」と「シャッタースピード」の組み合わせがたくさんありますね!

曇り日陰」のシーンなら、EVが「12」のところを見て設定を考えます!

例えば2パターン考えられますね!

  1. 絞りF2、シャッタースピード1/1000
  2. 絞りF32、シャッタースピード1/8

どちらも「EV12」なので、同じ明るさの写真になります!

被写界深度が浅いボケ味のある写真を撮りたいときは、①の設定で、

躍動感が出るようにブレた写真を撮りたいときは、②で撮るなど撮影者の意図によって設定が変わりますね!

EV値=段(ステップ)

EV値1、EV値2、EV値3」の変化を、「」で表現することもあります。

「段」を「ステップ」と表記する場合もあります

例えば、

  • 「EV値→EV値」は、「段明るく
  • 「EV値→EV値」は、「段暗く

といった具合です!

また、「1」は「1/3+1/3+1/3」「1/2+1/2」と同じですね!

最近のデジカメは、「1/3」「1/2」ずつ設定を変えれるのが主流です!

例えば、「1/3ステップ」のカメラを使っていた場合、カメラのダイヤルを「カチっカチっカチっ」っと3つ回すと、「1段」変わったことになります!

EVの表示方法

EV値は広く使われているのですが、表示方法が統一されているワケではありません。

メーカー毎で、表示方法が若干異なります。

参考までに!

また多くのカメラが初期設定では「1/3ステップ」で、「1/2にも変更可能ですよ」っという仕様になっています!

一度、お手持ちのカメラで表記を確認してみるといいかと!

KSK


スポンサードリンク


EV値の計算方法

またEVの値を割り出したいときは、

EV=AV+TV

という計算式になります。

下の表を見ながら、足し算をしてみてください!

ちょっと念のため、「AV」と「TV」についてお伝えしますね!

AV・絞りF値とは

レンズは、「絞りがどれくらい開いているか」をF値で表していますね。

絞り値(F値)

絞り値(F値)

AV=Aperture Value(アパチャーバリュー)の意味は、「絞り値」です。

F値とAVは、近しい表現です!

カメラの撮影モードで「絞り優先モード」を「Av」や「A」と表記するのはこのことからです!

TV・シャッタースピードとは

TV=Time Value(タイムバリュー)は、直訳すると「時間の値」。

シャッタースピード」のことを表しています。

シャッタースピードとは、カメラのシャッターが開いている時間のことです!

なので「シャッタースピード優先」の撮影モードのことを、「Tv」と表記しています。

メーカーによっては、「シャッター(=hutter)」の「S」と表記しているメーカもありますね。

ISO感度について

また、写真の明るさは「ISO感度」も関係してきますね!

ISO感度も、

  • ISO100→ISO200・・・段明るく
  • ISO400→ISO100・・・段暗く

といった具合になります!

なので今までのお伝えしたことをまとめると、

EV=AV+TV+ISO値

っということになりますね!

最後に

この記事では、小難しいことを出来る限りわかりやすくお伝えしたつもりですが、いかがだったでしょう?w

難しいことを考えずに、とりあえず撮ってみるというのもアリかもしれません!
(ここまでお伝えしといてアレですがw)

以上です!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
料理の写真を専門にしているプロカメラマン。
ブログを始めて1年とちょっと。2018年3月に月間13万PV突破。
写真を通じて「人生を楽しんでもらいたい」モットーとし、カメラや写真に関するサービスを提供しています。2018年4月、人生で初めて”セミナー講師”をさせて頂きました!
詳しいプロフィールはこちら