料理撮影で一番良い光とは?【順光、サイド光、逆光、半逆光】

こんにちは!カメラマンのケイスケです!

当たり前ですが、写真にとって光はとても大切です。
光がなければ写真は撮れませからね。
それぞれの光の向きに名前があるほど、光って大事なんです。

この記事ではそれぞれの「光の向き」の説明と、料理撮影に一番適した光をお伝えしていきますね。

順光とは?

%e9%a0%86%e5%85%89

被写体にまっすぐ当たる光を「順光」といいます。
立体感があまり表現されません。
しかし物の色が一番見える光の向きです。
風景写真では順光が好まれますね。

立体感が表現されないので、料理撮影には向かない光です。

人物の場合、光を正面から受けてだいぶ眩しく感じてしまいます。
その結果、眩しそうな表情になってしまう恐れがあります。
しかし、力強い印象の写真になる可能性もあります。

順光のポイント

  • 立体感が表現されない
  • 色が一番表現される

サイド光とは?

%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%99

横からの光を「サイド光」と呼びます。
陰影がはっきりと出て、順光よりも立体的な写真に仕上げることができます。

人物の場合、陰影が強く、強い印象の写真になります。
男性を撮る場合などサイド光がよく使われますね。

サイド光のポイント

  • 順光よりも立体感が表現される

逆光とは?

%e9%80%86%e5%85%89

被写体の背後から照らしている光を「逆光」と言います。
被写体は影のように暗く写ってしまうことが多いです。

人物の場合ならシルエットでかっこ良く撮れますし、風景写真も雰囲気が出るのでいいですね。

bridal_22 _mg_9756

 

半逆光とは?

被写体の斜め後ろ45°からさしている光を「半逆光」と言います。
サイド光と逆光の間ですね。
半逆光で撮影すると、被写体の立体的を表現でき、被写体の奥も明るく写ります。

料理撮影では「半逆光」で撮影するのが基本と言われています。
料理を動かすか自分が移動するかして、半逆光を作るといいです。

ただ、半逆光は立体感が表現される反面、手前からの光がないので料理の色がくすんでしう恐れがあります。

その場合、「半逆光+レフ板(右手前から)」で手前からの光を補ってあげるとベストです。

半逆光のポイント

  • 料理撮影では「半逆光」で撮影するのが基本
  • 被写体の立体的を表現でき、被写体の奥も明るくできる

まとめ

料理撮影をする場合、半逆光で撮るのがいいです。
半逆光で撮影してみて、料理の右側が暗くくすんでしまった場合は、レフ板で明るくするか、白いシャツを着ている人に立っててもらうといいと思います。笑

個人的には「サイド光と半逆光の間」あたりが好きです!

The following two tabs change content below.
1984年1月1日、長野県須坂市生まれ。人見知りのカメラマンです。(優しい子なので仲良くしてあげてください!)カメラや写真撮影・マーケティングや日々の気づきを更新しています。 「写真で笑顔を広げる」をモットーに活動しています!⇒詳しいプロフィールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1984年1月1日、長野県須坂市生まれ。人見知りのカメラマンです。(優しい子なので仲良くしてあげてください!)カメラや写真撮影・マーケティングや日々の気づきを更新しています。 「写真で笑顔を広げる」をモットーに活動しています!⇒詳しいプロフィールはコチラ