料理写真家:写真好きな人をもっと増やしたい

料理の写真をスマホで美味しそうに撮る9つのコツ

ストロボ ディフューザーの比較・使い方!ライティング基礎

WRITER
 
スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!カメラマンのケイスケ (@Photo_0101)です!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

さて、ストロボのアクセサリーってたくさんありますよね?

なかでもわかりにくいのが、ディフューザーかと思います!

ディフューザーによって光質が変わります。

この記事では、僕が持っている機材を総動員して、光質の違いを比較してみましたw


スポンサードリンク



ディフューザーが違うと光質(こうしつ)が変わる?

光は、コントラストがつきやすい硬い光」や、優しくコントラストが低い「柔らかい光」があります。

この「硬い光」や「柔らかい光」のことを総称して、「光質(こうしつ)」と言います!

そして、ストロボの光源を「太陽」とするなら、ディフューザーは「雲」です。

雲がない快晴の日の太陽の光は、直射性が高いので、コントラストが高く硬い光になります。

雲があると、太陽の光が雲で拡散(ディフューズ)されるので、コントラストが低く、柔らかい光になります。

被写体や、写真の意図でディフューザーを使い分ける必要があります!

ストロボのディフューザーの種類

どれくらい「光質」が変わるのか、比較したものを見た方がわかりやすいかと思います!

今回、比較するディフューザーは以下の機材たちです!

  • アンブレラ白(バウンス)
  • アンブレラ白+ディフューザー(傘トレ)
  • アンブレラ白(ディフューズ)
  • ソフトボックス(バンク)
  • ソフトボックス(ディフューザー入り)
  • アートレ
拡散性の高いディフューザーを使うと、光量が少なくなります。
今回は、光質の比較を目的としているため、光量は調整してあります。

クリップオンストロボで比較していきますね!

KSK


スポンサードリンク


ストロボのディフューザーの光質を比較

直射光

クリップオンストロボ光

クリップオンストロボ光

(参考までに)ディフューザーを使っていなストロボ光です

光が硬いので、影がシャープになります。

また、被写体の質感・立体感が一番表現できる光です!

アンブレラ白(バウンス)

アンブレラ白

アンブレラ白

アンブレラ白

アンブレラは傘状のライティング機材です。

ストロボ光を内側に反射させ拡散させます。

アンブレラのバウンス光は、無難な質感表現ができます!

影の落ち方は、濃い影と薄い影が共存します。

アンブレラ白+ディフューザー(傘トレ)

傘トレ

傘トレ

傘トレ

アンブレラにディフューザーをつけた、「傘トレ」と言われる照明です。

ディフューザーで拡散されるので、アンブレラよりも光が柔らかくなります。

光が柔らかくなるので、質感・立体感はあまり表現されないです。

子供や女性で使うと、お肌ツルツルに写ります!

アンブレラ白(ディフューズ)

アンブレラ(ディフューザー)1

アンブレラ(ディフューザー)1

アンブレラ(ディフューザー)1

バウンスでも、ディフューザーとしても使えます!(たぶんw)

今回は、ディフューザーとして使いました!

傘の位置を変えると、光質を変えることができます!

ソフトボックス(バンク)

ソフトボックス

ソフトボックス

ソフトボックス

ソフトボックスは、ボックス内で光を拡散させます。

指向性がある光です。

ソフトボックスの光は、直射光(生のクリップオンストロボ)と、アンブレラの中間の光の硬さです。

質感も表現され、メリハリのある光です。

金属は、ソフトボックスの四角い形が写りこむので、ちょっと違和感ありますね!

ソフトボックス(ディフューザー入り)

ソフトボックス

ソフトボックス

ソフトボックス

ソフトボックスの中に、ディフューザーを入れた照明です。

ソフトボックスより光が柔らかくなります!

個人的には、一番好きな光です!

トレッシングペーパー

アートレ

トレッシングペーバーを垂らして、光を拡散させます。

垂らして使うディフューザーは、ほかにも「アートレ」や「ユポ」などがあります。

アートレ、ユポはシワになりにくくて使い勝手がいいのですが、お高いので、僕はトレぺを代用してます!

KSK

垂らすディフューザーのメリットは、トレペとストロボの距離で、光質を調整できることです。

距離を遠くすればするほど、光が柔らかくなります!

デメリットは、「広い場所が必要」「機材が増える」ことです。

トレペを垂らすためのスタンドと、広さが必要になります!

アートレ

アートレ

①の位置

アートレ

②の位置

アートレ

③の位置

最後に

いかがでしょう?

機材は、どれが一番いい光というのはなくて、どの光が一番適しているかで選びます!

ディフューザーの購入を検討している方は参考にしてみてください!

もし「見比べたけどよく分からない」っという方は、好き・嫌いの感覚で選ぶのもいいアリです!

光質は、数値で表せないので、基準がなく、覚えにくいです。

そんなとき基準になるのが「私、この光好きかも」っという好みですw

ぜひ好きな光を見つけてみてください^^

ここまで読んでくださってありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
カメラマン。(@Photo_0101)
長野県須坂市出身。写真歴12年。広告スタジオでコマーシャルフォトを勉強した後、独立。2016年に当サイトを開設しました(月間最高17万PV超)。料理撮影を中心に活動。最近は「朝ジム」にハマってます。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサードリンク