料理写真を出張して撮影するプロカメラマン

デジタル一眼の撮り方が体系的に学べます!

本格的なカメラアプリ「Camera FV-5 Lite」の使い方

 
  2018/01/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
料理の写真を専門にしているプロカメラマン。
ブログを始めて1年とちょっと。2018年3月に月間13万PV突破。
写真を通じて「人生を楽しんでもらいたい」モットーとし、カメラや写真に関するサービスを提供しています。2018年4月、人生で初めて”セミナー講師”をさせて頂きました!
詳しいプロフィールはこちら

コンニチワ!カメラマンのケイスケです!

いつも当ブログを読んで下さってありがとうございます!

前回の記事では、マニュアル撮影ができるカメラアプリ「Manual Cameraの使い方」をお伝えさせて頂きました!

さて今回は、

Camera FV-5 Lite(無料版)」を使ってみました!

多機能で使いやすく、かなり満足のアプリです!

では機能や使い方など詳細をお伝えしていきますね!

Camera FV-5 Lite

Camera FV-5 Lite
開発元:FGAE
無料
posted with アプリーチ

多機能で使いやすいカメラアプリ「Camera FV-5 Lite」

「Camera FV-5 Lite」の特徴

  • 多機能で使いやすい!
  • 一眼レフユーザーにオススメ!
  • 本格的なカメラアプリ!

「Camera FV-5 Lite」の機能・使い方

メニューの見方を覚えよう①(画面左)

camera-fv-5-lite_使い方

メイン画面

写真がちょっと残念なのは、お許しくださいw

KSK

シャッターボタンは画面右側。

画面左側と下部にメニューがボタンがあります。

それぞれについてお伝えしていきますね!

画面左側は上から、

  • 設定
  • 撮影モード:「プログラムモード」「Shutter speed priority(シャッタースピード優先)」
  • 撮影ツール:「BKT(露出ブラケット撮影)」「INT(インターバル撮影)」「セルフタイマー」「連写」「画面タッチシャッター」
  • フラッシュモード
  • 写真閲覧

それぞれの項目をもう少し詳しくお伝えしていきます。

設定画面でできること

画面左上の歯車マークをタップすると、「設定画面」に切り替わります。

camera-fv-5-lite_使い方

設定画面「Basic setting」「カメラ設定」

シャッター音を無音にしたい時は、「カメラ設定確認/エラー音の有効化」のチェックを外すと、無音でシャッターを切ることができます!

camera-fv-5-lite_使い方1

設定画面「記録画像に関する設定」「ファインダー」

記憶形式は「JPG」と「PNG」が選べます。

画像を軽くしたい時は、「JPEG保存画質」を「低画質」に設定しましょう。

ファインダーでは、ヒストグラムグリッドの設定ができます。

撮影モードは「P(プログラムオート)」と「Shutter speed priority(シャッタースピード優先)」を選べる

camera-fv-5-lite_使い方

プログラムオート

camera-fv-5-lite_使い方

Shutter speed priority(シャッタースピード優先)

シャッタースピードは、1/4〜1/250まで設定できます。

普段は「AUTO」で問題ないかと思います!

撮影ツール

camera-fv-5-lite_使い方

撮影ツール

メイン画面の「山」みたいなアイコンをタップすると、「撮影ツール」画面が出てきます。

設定できる項目は、上から

  • BKT(露出ブラケット撮影)
  • INT(インターバル撮影)
  • セルフタイマー:2秒・5秒・10秒
  • 連写
  • 画面タッチシャッター

露出ブラケットまであるとは、驚きました!

メニューの見方を覚えよう②(画面下部)

camera-fv-5-lite_使い方

メイン画面

画面下部のボタンは、左から

  • ホワイトバランス
  • フォーカスモード
  • 測光モード
  • ISO感度
  • 露出補正(EV)

一つ一つをみていきましょう!

ホワイトバランスの設定

camera-fv-5-lite_使い方

ホワイトバランスでは「曇り」や「晴天」「蛍光灯」「電球」などがあります。

下部に色温度を表しているグラデーションがあるので、感覚的にわかりやすいですね!

写真を赤くしたい時は、曇り(画面左の雲のアイコン)を選ぶと赤くなります。

料理を撮る時は、曇りに設定してもいいかもしれないですね。

ちょっと赤すぎるかもしれませんがw

KSK

camera-fv-5-lite_使い方

ホワイトバランス:曇り

フォーカスモードの設定

camera-fv-5-lite_使い方

フォーカスモード

フォーカスモードで設定できる項目は、左から

  • AF(オートフォーカス)
  • MF(マニュアルフォーカス)
  • マクロ
  • 人物
  • コンティニュアスAF:画面中央部を常にピントを合わせ続けます
  • 指:タップした位置のピントを合わせてくれます。

被写体に合わせて設定してみてください!

個人的には指タップが便利です!

KSK

側光モード

camera-fv-5-lite_使い方

側光モード

側光モードとは、光を測る仕組みの設定です。

左から

  • 多分割測光
  • 中央部重点測光
  • スポット測光
  • 指定箇所側光

側光モードの違いについては、「側光とは?側光モードを使いこなす!」を参考にしてみてください。

センサー感度(ISO)

camera-fv-5-lite_使い方

センサー感度(ISO)

センサー感度は、「Auto(オート)」か「ISO100〜10000」まで設定することができます。

通常は「Auto」で問題ないと思います!

KSK

露出補正(EV)

camera-fv-5-lite_使い方

露出補正(EV)

トップ画像の「+/−」のアイコンをタップすると「露出補正(EV)」画面が開きます。

ただ、露出補正はトップ画面で調整できるので、ここはあまり使わないかもです。

camera-fv-5-lite_使い方

露出補正

 

まとめ・感想

個人手にはすごく満足のアプリです!

先日、他のカメラプリ「Manual Camera」を購入したんですけど、「こっちを先に知っておけば・・・」と思ってしまいました。

有料版はどこまで機能が拡張してくれているのか気になってしまいましたw

今回は以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございます!

ほかのカメラ・加工アプリも見てみる?>>おすすめカメラ(写真・加工)アプリ7選

Camera FV-5 Lite

Camera FV-5 Lite
開発元:FGAE
無料
posted with アプリーチ
この記事を書いている人 - WRITER -
料理の写真を専門にしているプロカメラマン。
ブログを始めて1年とちょっと。2018年3月に月間13万PV突破。
写真を通じて「人生を楽しんでもらいたい」モットーとし、カメラや写真に関するサービスを提供しています。2018年4月、人生で初めて”セミナー講師”をさせて頂きました!
詳しいプロフィールはこちら